手軽にネイルを学べる通信講座。
ネイルスクールや専門学校と比べ、圧倒的に費用が安いこともあり、検討している方も多いのではないでしょうか?

低価格な反面、後から失敗した……という声も多い通信教育。
最終的に、 「ネイルスクールへ通い直した」 といった結果になってしまっては目も当てられません。
通信講座を選ぶ場合は、内容をよく知ってから申し込むようにしましょう。

意外に知らない!通信講座の学び方

在宅でネイルの勉強ができる通信講座。
この講座だけでは、ネイル資格が手に入らないことをご存知でしょうか?
数ある通信教育の中には。受講後資格が取得できるものが多いですよね。

しかし、ネイルの通信講座では、コースに沿った試験を別途受けなければいけません。
丁寧なテキストや、解説DVDなど教えてくれるのは受かるためのコツ。
目いっぱい合格を後押ししてくれますが、最後は自分との勝負なんです。
ネイリストの試験は実技がメイン。
合格するためには、相当数の自主練が必要となりますよ。

経験不足が指摘されがちな通信講座

通信講座でネイリスト検定などを目指す場合。
自分の爪でネイルの練習を行うことがほとんどとなります。
ネイルスクールであれば、生徒同士でできる練習も、通信教育では難しいのが現状。
友人、知人へ声をかけ、経験を積むだけでは、なかなか合格レベルに到達しません。

それだけでなく、試験へ同伴してもらう、モデル探しで手こずることが多いようです。
「練習や試験当日に付き合ってくれる友人、知人がいること」
「繰り返し練習できる環境が整っていること」
通信講座で学ぶなら、まずこの条件を満たしておきましょう。

意外に難しいネイルの自主勉強

通信講座を選ぶ方の多くが、学生や主婦。
ネイルスクールへ通う時間や、予算がないというケースがほとんどです。
そのため、学業や主婦業に追われ、勉強のタイミングがなかなか取れないという声も……。

家族と暮らしている場合、ネイルの臭いにも気を遣います。
迷惑をかけないよう、部屋を換気しながら練習を行わなければいけない。
という場合も多く、冬場は辛い環境での練習となります。
自爪で繰り返し練習するため、爪がボロボロになってしまった……というケースも多々。

また、通信講座では、その場に講師がいないため、客観的な意見を聞くことができません。
完成までの道のりには、細かな注意点がたくさんあります。
仕上がりだけでなく、途中工程でミスが無いか、その都度しっかりチェックしながら進めたいですね。

さいごに

独学よりは、はるかに質の高いネイルの知識が得られる通信講座。
資格取得にお金や時間をかけられず、選択する場合もあるでしょう。
もちろん、通信教育で資格取得し、ネイリストデビューしている方もいます。

その一方で、
「通信講座では面接に受かりにくい」
「資格合格率が低く、合格までに時間がかかりがち」
といったデメリットがあることも、頭に入れておきたいですね。